2017.10.10 Tuesday 16:19

塩屋みかんでタマネギを買う理由



毎日のキッチンで一番よく使う食材はタマネギだと思います。
私はそうですね。

タマネギは北海道をメインにあちこちで栽培されていて微妙に時期がずれるのでタマネギのない季節というのはありません。
ただ品種により時期があっていわゆる新タマネギは春から夏に掛けて出回ります。北海道のタマネギは国内生産の約8割を占めていてあまり旬はないのですが、春夏は他の品種に押されて生食のタマネギのほうが人気もあり、あえてその時期は北海道産のは買わないのですが、いまは10月。ここからしばらくが私にとっては問題の季節。

スーパーはどこも北海道産の硬くしまって辛みの強い品種ばかりで、新タマネギのようにそのまま生で食べて辛くない,というのがスーパーから消える季節になります。

寒くなる季節のタマネギの使い方としては、煮込んだり炒めたりするものが多いのでむしろ火を入れて甘みの出る北海道の品種がいいようです。

ただサラダに使ったり、そのまま食べたいとき・・・困ります。

そこで出会ったのがこれ。
三年前に一度買ってみたら、新タマネギの・・・きっとその品種・・・のようなもの。
辛くないんです。ちょっと小ぶりで使い勝手もいいんです。

毎年10月11月12月・・・スーパーで北海道産しか手に入らないときには買うんです,ここで。
年が明けると新玉の早生の品種だかが出てくるので,それまでは密かに買い続けます。
 
何もそこまで・・・という方もありますが、絶対のミッションなんです。
売ってるところは結構遠いんですけどね,行く価値のあることなんです、はい。(^.^)




JUGEMテーマ:食材




2017.08.17 Thursday 11:45

稚あゆ 〜天ぷら 甘露煮

稚あゆを卒業したくらいの大きさの鮎。
12〜15センチくらいの大きさの鮎。宮崎の鮎。養殖でしょうけど美味しかったです。
あゆ
続きを読む >>

2017.08.15 Tuesday 11:15

「素通り出来ない」 あれこれ

いつだったかテレビで男性タレントが○■○ちゃんがそこで寝てても横を通っていけるけど、○▶️○ちゃんが寝てたら素通りはできないよなあ〜、
続きを読む >>

2017.06.12 Monday 12:18

ローズマリーこんどこそ大きくなって!リベンジ何度目だろう・・・



大好きなハーブ、ローズマリー。
新神戸のハーブ園のみごとなローズマリー並木通り!?が忘れられません。

ところがウチのローズマリーは全く大きくなりません。いい線行きかけたのもあったのですが、ある日突然って感じでいくつも枯れていきました。昨年買った大きめの鉢植えも撃沈。

今年は二鉢買って毎日固唾をのんで見守っています。
誰でもなんの手もかからないよ〜と言うのですが、私はきっとかわいがりすぎなんだと自覚ありです。
大きく育てて緑がいっぱい&蚊が来ない&香りがいい&フォカッチャに使いたい&・・・肉料理はもちろん、ですね。
楽しみ〜〜。
右と左では種類が違います。香りも違います。5種類ほどあったのですがこの2つが好きだったので決めました。
名前は・・・知らない。覚えていない、です。



Jewelry SIMONフェイスブック「写真で魅せるジュエリー〜ジュエリーフォト」。見てくださいネ!
ジュエリーシモンのオンラインショップはこちら
SIMONのショップダイアリーはこちら
ジュエリーニュースはこちら
(画像はクリックで拡大できます)

JUGEMテーマ:美味しいパン




2017.06.04 Sunday 11:56

マンゴー美味しい !!最高です。







マンゴー。
高級フルーツです。
熊本でも生産されているところが、増えているようですね。
人気の農園から入手しました。

お世話になったあの方にも・・・と送りました。
評判は上々。もちろん自分でもいただきました。今までの冷凍マンゴーやマンゴープリンやジュース、どれとも違う風味のようなものを感じました。
美味しかったです。かなりかなり甘いので私はちょっと食べたら満足。
真ん中に平たい大きな種があるので上の画像のように横にスライスした上で切り分けるものなんだそうです。
切り方の説明のプリントもあります。

生産農家の方の話だと軌道に乗るまでに18年かかったそうです。周りの農家もチャレンジしたものの途中で挫折断念した農家も多く作るのが難しいフルーツなんですね。
効果なのも納得です。

Jewelry SIMONフェイスブック「写真で魅せるジュエリー〜ジュエリーフォト」。見てくださいネ!
ジュエリーシモンのオンラインショップはこちら
SIMONのショップダイアリーはこちら
ジュエリーニュースはこちら
(画像はクリックで拡大できます)

2016.12.16 Friday 13:57

毛ガニ From 築地 ♪♪



築地からといっても生のままだとちょっと困る〜と甘えたら
優しい男性が(弟です!)蒸して食べるだけにして送ってくれました。真空パックにして。
持つべきものは・・・です。

甲羅の中はむしった身がびっしり。
ちゃんとジュレまで同封。板前さんかと思うくらい。成長したなあ。まあ趣味なんですね。
ワインエキスパートというソムリエの資格も取ったくらいです。


これはあん肝。
熊本では見かけませんよ〜。

カニはホームにいる父にも届けました。ありがたい時代ですね。

Jewelry SIMONフェイスブック「写真で魅せるジュエリー〜ジュエリーフォト」。見てくださいネ!
ジュエリーシモンのオンラインショップはこちら
SIMONのショップダイアリーはこちら
ジュエリーニュースはこちら
(画像はクリックで拡大できます)

JUGEMテーマ:おとりよせ




2016.11.07 Monday 18:01

天然鮎の続きです・・・どう食べたか。

強大な天然鮎、どうやって食べたか・・・気になった方もあったようでまたアップしますといったもののいつもなかなかタイムリーな記事にならないのが常。几帳面な性格とは言いがたい。、です。

球磨川 天然鮎

こんな鮎でした。

まずは塩焼き。


えさに何を食べているかで味が変わるといいます。
車エビもそうです。天草の車エビと宇和島の車エビ、沖縄の・・・みんな違います。
う〜ん、今回は比べるものがなく・・・・でも美味しかったです。川魚の味。。。



更に残ったので一度に処理できる日持ちもする甘露煮に。
まず素焼きして3日掛けて作りました。火を入れては冷まして次の日にまた煮てという手法です。
もちろんインターネット検索。板前さんのレシピです。



出来上がり。
なぜかこの時期我が家の山椒もなぜか芽吹き、好都合でした。
これが大好評。料亭の味、プロの味、記憶に残る味、と大絶賛。頭からしっぽまで余すところなく全部食べられました。骨も3日掛けて柔らかくなりました。圧力鍋じゃなくて普通のまあしっかりした鍋。くっつかないようにオーブンペーパーを敷いて煮ました。
私は作る人。食べるのはさほど熱心ではないのでほとんど味見程度。でも食べた人がみんな喜んでくれて良かったです。球磨川で釣ったばかりのあゆを気前よくくれたおじさん。今更ながらありがとう!です。

甘露煮、魚臭さが取れてなかなかいいですね。川魚に向いているようです。でもサンマや鰯も良さそう。チャレンジしよう!

Jewelry SIMONフェイスブック「写真で魅せるジュエリー〜ジュエリーフォト」。見てくださいネ!


ジュエリーシモンのオンラインショップはこちら
SIMONのショップダイアリーはこちら
ジュエリーニュースはこちら
(画像はクリックで拡大できます)

JUGEMテーマ:地域/ローカル



JUGEMテーマ:熊本のグルメ




<<new | 1 / 3pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
Amazon
ネットでお買い物
amazon
MOBILE
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.